1〜3月期業況は3四半期ぶりの改善一服

【特別調査−東日本大震災から1年を経た中小企業経営】

 

.12年1〜3月期(今期)の業況判断D.I.は△26.6、前期比1.3ポイントの小幅悪化と、3四半期ぶりの改善一服となった
 収益面では、前年同期比売上額および収益の判断D.I.が、それぞれ△17.2、△21.6と、ともに3ポイント前後の改善となった。業種別の業況判断D.I.は、建設業と不動産業で改善がみられたものの、それ以外の4業種では悪化した。建設業の改善は3四半期連続だった。一方、地域別では、東海や四国など4地域で改善がみられたものの、東北、北陸など7地域では悪化した。
 

12年4〜6月期(来期)の予想業況判断D.I.は△24.5と、今期実績比2.1ポイントの改善見通しとなっている。業種別には建設業を除く5業種で、地域別には東北を含む7地域で、それぞれ改善見通しとなっている。
  

 

全文をみる