4〜6月期業況は震災直前に比べ悪化

【特別調査− 東日本大震災からの復興と中小企業】

 

11 年4〜6月期(今期)の業況判断D.I.は△38.4 と、震災の影響を織り込んでいない前期の水準(△31.6)に比べ、6.8 ポイントの悪化となった。
 収益面では、前年同期比売上額および収益の判断D.I.が、それぞれ△30.3、△33.4 と、ともに10 ポイント超の大幅悪化となった。業種別の業況判断D.I.は、6業種全てで悪化したが、不動産業の悪化幅は相対的に最も小さかった。また、地域別でも北陸を除く10 地域で悪化した。とりわけ、東北よりも東海、近畿などの悪化幅が相対的に大きかった。
 

11 年7〜9月期(来期)の予想業況判断D.I.は△35.9と、今期実績比2.5 ポイントの改善見通しとなっている。ただし、業種別には小売業と不動産業で、また、地域別には東北、中国、四国の3地域で、悪化が見込まれている。
  

 

全文をみる