4〜6月期業況は小幅の改善

【特別調査−インターネット等の利用について】

 

06年4〜6月期(今期)の業況判断D.I.は△12.0、1〜3月期(前期)比2.5ポイントの小幅改善となりました。また、収益面でも、前年同期比売上額および同収益判断D.I.がそれぞれ△5.1、△12.1と、前期に比べわずかに改善しました。設備投資実施企業割合は2四半期連続で上昇し22.2%となりました。なお、業種別の業況判断D.I.は、建設業の業況判断D.I.が季節要因などから若干のマイナス幅拡大となったものの、その他の5業種では改善しました。

06年7〜9月期(来期)の予想業況判断D.I.は△8.7と、今期実績に比べ3.3ポイント改善する見通しとなっています。改善幅はやや小幅にとどまる見通しですが、02年1〜3月期(△47.9)を底とする長期的な改善基調はおおむね維持されるものとみられます。

 

全文をみる